当事者の苦しみを社会資源にしたいー。 Spring の冊子が出来ました…!!

2018/12/05

2018年、助成事業としてSpring が取り組んでいたことがあります。
それは“当事者の声を届ける冊子作り”です。

6月ごろから構想を練り始め、
本腰を入れて取り組んだのは8月からでした。

この冊子を作るために、あの真夏の台風の中でもミーティングを開催し…、

(そんな8月のミーティングの様子はこちら

過去の性犯罪の裁判例を読んだり、
自分自身や仲間の経験を、言葉や文字に落とし込んだりと…

知識の面でも、精神的な面でも、タフなプロセスでした。

当事者にとって裁判事例を読み込むことも、被害経験を文章化することも、とてもハードな作業です。

そして、これまで「無かったこと」にされてきた性暴力の実態を
どうしたら伝えられるのか…
どうしたら刑法性犯罪の課題を伝えられるのか…

あまりにも大きな壁を前に
気が遠くなることもありました・・・。

どんな事例を載せても「ウソだ」と信じてもらえないのではないか、、、
当事者の理想は「非現実的」と笑われるのではないか、、、

無力感に飲み込まれそうなとき、
何度も仲間と励まし合いました。

この冊子を形にすることができたのは
「苦しみの経験を社会資源にしたい。」
というスタッフ一人一人の強い思いです。

社会の偏見やセカンドレイプは、長い間当事者の声を奪ってきました。
その過去は変えられません。

でも私達当事者の理想が、多くの人々の理想になれば
10年後、20年後、
その理想は社会の「常識」になる ー。

色とりどりの風船が青空に広がっていく
この表紙のようなイメージで、
私達当事者の一人一人の声が沢山の人々に届き、
刑法改正の気運を盛り上げてくれると信じています。
ーーー


「 見直そう!刑法性犯罪
  ~性被害当事者の視点から~ 」

編集 : 一般社団法人Spring
編集協力 : 三浦ゆえ(Spring)
デザイン : 秋吉あきら
発行 : 2018年10月

本冊子は「WAN 基金助成事業」により作成されました。
作成にあたりご協力いただいた皆様に深く御礼申し上げます。

本冊子はSpring 主催のイベントや講演等で配布していますので、
お手にとっていただける日を楽しみにしています!

Spring 冊子制作チーム一同

 

▼お問い合わせ先:一般社団法人Spring事務局
info@spring-voice.org
**ーーーーーーーーー*ーーーーーーーーー**

性被害を司法に届け出ても、よくあることで捜査や裁判は難しいことと言われてしまう現状があります。
実態を明らかにし、当事者一人一人の声を届けるロビイングや広報を通じ、問題の解決を目指しています。
活動資金の応援をお願いいたします。

会員募集!寄付金募集! 詳細は、こちらから^ ^
あなたの応援が、私たちの励みになります。
ありがとうございます。

最新情報一覧はコチラ

  • 【第五期】収支決算書・活動報告書を公開しました。

    2022/10/01

    いつもSpringの活動を応援いただきありがとうございます。 Springの第5期(2021年7月ー2022年6月)収支決算書・活動報告書を公開いたしました。 2021年度収支決算書 (PDF) 2021年度 Sprin…read more

  • 【ご報告とお礼】署名拡散&「#日本でも不同意性交等罪の実現を」Twitterデモを開催しました

    2022/09/28

    現在、法制審議会での議論において、「被害者に拒絶を示す義務がある」との誤解を招きかねない条文案となる可能性が生じています。 そこで、性暴力被害当事者の実態に即した条文となるよう、署名にご賛同いただいたみなさんにむけて、さ…read more

  • 【メディア掲載】「幼少期の性虐待 時効の壁」(産経新聞 9/13)

    2022/09/14

    Spring 代表 佐藤が取材を受けました。
    自身の被害をもとに、幼少期の被害の影響や立ち塞がる時効の壁、社会の無理解による二次加害について語っています。世間の一般的なイメージとは異なる被害の実態について、性犯罪とはどういう犯罪なのかはっきりと示し、それに即した法改正が必要だと記事は訴えます。

  • 【刑法改正市民プロジェクト】刑法改正案について考えるための動画を公開しました

    2022/09/05

    刑法改正市民プロジェクトは、性暴力被害の実態に即した刑法性犯罪規定の改正を目指す市民団体の集まりで、Springを含む12の団体があります。 日々、関連情報の共有や実態把握をしながら、刑法改正の実現にむけて力を合わせてい…read more