警察大学校で性犯罪捜査について講義

2019/12/13

KeisatsuDaigakukou

今年9月に警察庁からご依頼を受け、12月12日、警察大学校にて性犯罪専科の警察官の方々に「警察の性犯罪捜査」を講義いたしました。

以下、講義を担当したスタッフのレポートです。

*   *   *

捜査のプロはもちろん警察官ですが、性被害当事者だからこそ伝えられることがあります。

たとえば、顔見知りからの被害の場合、被害にあってもすぐに警察に通報できない被害者心理があること、また、事情聴取での聞き取りの際に、性暴力被害者がこれ以上自責しないようにするために使ってほしい言葉。

そして最も大切な「同意のない性交」と判断するには具体的にどんなことに注目すればよいのか、ということーー現場で捜査する警察官に伝えたいことはたくさんあります。

この日、講義をしていてとても驚いたことがありました。それは、今日受講されたほとんどの性犯罪専科の警察官の方々は私たちが想像する以上に、被害者の心情を理解されていたことです。そして本当にとても熱心にメモを取り、講義を聞いて下さいました。

「当事者の生の声」が、明日から現場で活かされることを願っています。

*   *   *

警察庁の皆さま、そして受講してくださった警察官のみなさま、本当にありがとうございました。

最新情報一覧はコチラ

  • 【第五期】収支決算書・活動報告書を公開しました。

    2022/10/01

    いつもSpringの活動を応援いただきありがとうございます。 Springの第5期(2021年7月ー2022年6月)収支決算書・活動報告書を公開いたしました。 2021年度収支決算書 (PDF) 2021年度 Sprin…read more

  • 【ご報告とお礼】署名拡散&「#日本でも不同意性交等罪の実現を」Twitterデモを開催しました

    2022/09/28

    現在、法制審議会での議論において、「被害者に拒絶を示す義務がある」との誤解を招きかねない条文案となる可能性が生じています。 そこで、性暴力被害当事者の実態に即した条文となるよう、署名にご賛同いただいたみなさんにむけて、さ…read more

  • 【メディア掲載】「幼少期の性虐待 時効の壁」(産経新聞 9/13)

    2022/09/14

    Spring 代表 佐藤が取材を受けました。
    自身の被害をもとに、幼少期の被害の影響や立ち塞がる時効の壁、社会の無理解による二次加害について語っています。世間の一般的なイメージとは異なる被害の実態について、性犯罪とはどういう犯罪なのかはっきりと示し、それに即した法改正が必要だと記事は訴えます。

  • 【刑法改正市民プロジェクト】刑法改正案について考えるための動画を公開しました

    2022/09/05

    刑法改正市民プロジェクトは、性暴力被害の実態に即した刑法性犯罪規定の改正を目指す市民団体の集まりで、Springを含む12の団体があります。 日々、関連情報の共有や実態把握をしながら、刑法改正の実現にむけて力を合わせてい…read more