【声明】法制審議会「改正要綱(骨子)案」に対する、記者会見報告 及び Springの見解について

2023/02/06

2月3日の法制審議会で 改正要綱(骨子)案 が取りまとめられたことを受け、2月4日に開催された  国際人権NGOヒューマンライツ・ナウ主催の緊急オンライン記者会見 に出席しました。

1月17日に提出された、試案(改訂版)に対するSpringの見解についてはこちらをご覧ください。
1月26日には、公訴時効の課題に関する記者会見を 石田郁子さんと開催いたしました(報告は準備中です)。

 

 

記者会見では、主催のヒューマンライツ・ナウから骨子案の説明があり、ヒューマンライツ・ナウおよび参加団体からそれぞれ意見表明がなされました。

試案(改訂版)に対するヒューマンライツ・ナウの声明
骨子案取りまとめを受けた刑法改正市民プロジェクトの緊急アピール

Springからは、以下3つの要望を述べました。

  • 「強制性交等罪」から「不同意性交等罪」への、条見出しの変更
  • 「性的同意」の概念について周知、啓発
  • なお残る課題解決に向けた、さらなる実態調査、研究、見直し

Springの見解 詳細はこちらをご覧ください。

 


一部の報道では、3月の中旬にも今国会に提出される見通しとのことです。
いよいよ刑法再改正のときが近づいてまいりました。

改めまして、刑法改正の動向へ一層の関心をお寄せいただき、Springのご支援・応援もいただけますよう、何卒お願い申し上げます。

 

 

<記者会見等の内容が取り上げられた報道>
おはよう日本 米国務長官訪中延期 性犯罪要件見直し NHKニュース(2023/2/4(土) 午前6:30-午前7:00 見逃し配信期限 2/11(土) 午前7:00 まで)
強制性交罪の構成要件など見直し 刑法改正の要綱案まとまる NHKニュースWEB(2023.02.03)
性交同意年齢、どう変わる?性犯罪の刑法改正、骨子案の6つのポイント。専門家は「5歳差の要件は広すぎる」との懸念も ハフポスト日本版(2023.02.03)
性犯罪規定見直し 前進だが十分でない しんぶん赤旗(2023.0204)
性犯罪「不同意困難」要件へ 法制審部会が規定見直し要綱案 しんぶん赤旗(2023.0204)
性犯罪見直し 法制審部会が刑法改正要綱案 「暴行・脅迫」以外も対象 毎日新聞(2023.0204)

<骨子案取りまとめに関する報道>
性犯罪規定見直しへ 「同意しない意思」明示 テレ朝NEWS(2023.02.03)
性犯罪を再定義、要綱案採択 刑法改正案、3月にも国会提出へ 産経新聞(2023.02.03)

<参考>
【声明】法制審議会「試案 改訂版」に対するSpringの見解について
【声明】法制審議会「試案」に対する、記者会見報告 及び Springの見解について
法務省:試案(改訂版)
法務省:法制審議会-刑事法(性犯罪関係)部会  各回の議事録等が見られます

最新情報一覧はコチラ

  • 【イベント開催】3/16 「未来の性教育・性的同意のあり方を考える〜刑法性犯罪規定の改正でなにが変わったの?〜」

    2024/02/15

    イベント開催のご案内(3/16、於上智大学四谷キャンパス) 「未来の性教育・性的同意のあり方を考える~刑法性犯罪規定の改正でなにが変わったの?~」   パートナーと手をつなぐ、ハグする、キスする、セックスする。性的行為の…read more

  • 私たちが国際的な活動をしている理由2〜人権とUPR〜

    2024/02/07

    私たちはSpring設立当初から、性暴力被害や被害者支援に対して先進的な取り組みを行なっているイギリス、スウェーデンなどの考え方を学び、国際的な視点も視野に入れた活動を行なってきました。 昨年の今頃に公開した 私たちが国…read more

  • 【Protect Children 16か国語 実態調査アンケート】ご協力のお願い

    2024/01/23

    一般社団法人Springは、フィンランドに拠点を置き、世界中で子どもに対するあらゆる形態の性的暴力を終わらせることを目指している非政府の児童権利団体、Protect Childrenからのご依頼を受け、世界規模16か国語…read more

  • 【情報交換】フィンランドのProtect Childrenと情報交換会を行いました

    2024/01/22

    1月10日、フィンランドのアドボカシー団体であるProtect Childrenさんと、性犯罪の公訴時効の撤廃に向けて情報交換会を行いました。これは、Child Fund Japanさんが橋渡しをしてくださって実現したも…read more