【声明】法制審議会「改正要綱(骨子)案」に対する、記者会見報告 及び Springの見解について

2023/02/06

2月3日の法制審議会で 改正要綱(骨子)案 が取りまとめられたことを受け、2月4日に開催された  国際人権NGOヒューマンライツ・ナウ主催の緊急オンライン記者会見 に出席しました。

1月17日に提出された、試案(改訂版)に対するSpringの見解についてはこちらをご覧ください。
1月26日には、公訴時効の課題に関する記者会見を 石田郁子さんと開催いたしました(報告は準備中です)。

 

 

記者会見では、主催のヒューマンライツ・ナウから骨子案の説明があり、ヒューマンライツ・ナウおよび参加団体からそれぞれ意見表明がなされました。

試案(改訂版)に対するヒューマンライツ・ナウの声明
骨子案取りまとめを受けた刑法改正市民プロジェクトの緊急アピール

Springからは、以下3つの要望を述べました。

  • 「強制性交等罪」から「不同意性交等罪」への、条見出しの変更
  • 「性的同意」の概念について周知、啓発
  • なお残る課題解決に向けた、さらなる実態調査、研究、見直し

Springの見解 詳細はこちらをご覧ください。

 


一部の報道では、3月の中旬にも今国会に提出される見通しとのことです。
いよいよ刑法再改正のときが近づいてまいりました。

改めまして、刑法改正の動向へ一層の関心をお寄せいただき、Springのご支援・応援もいただけますよう、何卒お願い申し上げます。

 

 

<記者会見等の内容が取り上げられた報道>
おはよう日本 米国務長官訪中延期 性犯罪要件見直し NHKニュース(2023/2/4(土) 午前6:30-午前7:00 見逃し配信期限 2/11(土) 午前7:00 まで)
強制性交罪の構成要件など見直し 刑法改正の要綱案まとまる NHKニュースWEB(2023.02.03)
性交同意年齢、どう変わる?性犯罪の刑法改正、骨子案の6つのポイント。専門家は「5歳差の要件は広すぎる」との懸念も ハフポスト日本版(2023.02.03)
性犯罪規定見直し 前進だが十分でない しんぶん赤旗(2023.0204)
性犯罪「不同意困難」要件へ 法制審部会が規定見直し要綱案 しんぶん赤旗(2023.0204)
性犯罪見直し 法制審部会が刑法改正要綱案 「暴行・脅迫」以外も対象 毎日新聞(2023.0204)

<骨子案取りまとめに関する報道>
性犯罪規定見直しへ 「同意しない意思」明示 テレ朝NEWS(2023.02.03)
性犯罪を再定義、要綱案採択 刑法改正案、3月にも国会提出へ 産経新聞(2023.02.03)

<参考>
【声明】法制審議会「試案 改訂版」に対するSpringの見解について
【声明】法制審議会「試案」に対する、記者会見報告 及び Springの見解について
法務省:試案(改訂版)
法務省:法制審議会-刑事法(性犯罪関係)部会  各回の議事録等が見られます

最新情報一覧はコチラ

  • 【ロビイング】2024年4月のご報告

    2024/05/31

    今月は7名の議員の皆さまとお会いすることができました! 現在の主なご面談内容は、昨年の刑法改正における修正協議によって「施行後5年後の見直し」「そのために必要な調査を行うこと」が附則に明記されたことをうけ、見直しのために…read more

  • 【ヒアリング】立憲民主党子ども政策部門会議のヒアリングに出席しました

    2024/05/29

    5月14日、立憲民主党子ども政策部門会議のヒアリングに出席しました。参加者は、理事の寺町東子弁護士とロビイングチームスタッフ3名、そして日本版DBS法案に関して合同で要望書を提出したBeBraveJapanの石田郁子さん…read more

  • 【イベント参加】シンポジウム『生成AIの子どもの権利への脅威』に出席しました

    2024/05/17

    4月9日、国連大学にて行われた、認定NPO法人チャイルド・ファンド・ジャパン主催のシンポジウム「『生成AIの子どもの権利への脅威』~ 子どもへのオンライン性搾取をなくす〜 」に出席し、関係者の皆さまと意見交換を行いました…read more

  • 【参考人招致とメディア掲載】日本版DBS法案の審議で参考人として意見陳述しました

    2024/05/17

    5月9日から地域・こども・デジタル特別委員会にて、いわゆる「日本版DBS法案」に関する審議が衆議院で始まっています。日本版DBS法案に関するSpringの取り組みはこちら 5月16日には、Spring理事の寺町東子(弁護…read more