【2020/11/20 院内集会】5899件の性暴力被害から見えた実態 〜被害当事者が望む未来とは〜

2020/11/06

20201120InnaiShukaiBanner

 

一般社団法人Springは、2020年11月20日(金)に院内集会を開催いたします。

現在、法務省で性犯罪に関する刑事法検討会が行われ、さまざまな議論がされています。しかし、性暴力については明らかにされてこなかった事実も多いのが現状です。

そこでSpringでは、性暴力の実態を明らかにしようと、2020年8月16日〜9月5日まで、性被害にあわれた方を対象にwebアンケートを実施しました。その結果、私たちの予想を遥かに超える回答が寄せられ、その被害件数は5899件にのぼりました。

アンケート調査の目的は、性被害の実態を報告書としてまとめ、検討会に提出し、検討委員のみなさまに「性被害の実態に即した再改正」に向けて議論していただくためです。

今回数多く寄せられた回答を、外部研究者にご協力をいただき、情報分析を行った結果、これまで明らかにされてこなかった性暴力被害の実態が見えてきました。

被害を受けたあと、どれくらい経って被害と認識できたか。
警察に届けられなかった被害とは。
加害者との地位関係性はどのようなものだったか。
性被害の影響で記憶を失っていた年数は。

など、性暴力被害の詳細に迫った、画期的な量的、質的調査の結果をこのたびの院内集会で発表いたします。

5899件の性暴力被害から見えた実態
〜被害当事者が望む未来とは〜

< 開 催 概 要 >

●日 時 : 2020年11月20日(金)16:30~18:00  ※16:10開場

●場 所 : 衆議院第一議員会館 大会議室
      (東京都千代田区永田町2丁目2−1)
      ※当日、1階ロビーにて通行証をお渡しいたします。

●対 象 : 議員 ・関係省庁職員/関心のある市民・団体/報道関係者

●参加費 : 無料

●定 員 : 150名

●申込み :次のURLからPeatixにアクセスし、必要事項をご記入ください。
https://20201120-spring-innai.peatix.com

●登壇者 :
一般社団法人Spring
山本潤=同代表理事、SANE 性暴力被害者支援看護師
金田智之=同調査研究チーム 研究員
OneVoiceチームメンバー(匿名)

外部研究者
岩田千亜紀(オンライン)=東洋大学社会学部社会福祉学科 助教
齋藤梓(オンライン)=目白大学心理学部心理カウンセリング学科 専任講師

●プログラム:※当日の発表内容は変更になる場合がございます。
1部:Spring発表 アンケート調査結果報告
2部:質疑応答 (齋藤梓・岩田千亜紀・山本潤)

院内集会の模様は、Youtubeでライブ配信を行います。申し込みは不要で、SpringのYouTubeチャンネルよりご覧いただけます。

【 新型コロナウィルス感染対策 】
・会場定員の半数で開催いたします。
・体調不良の方のご参加はお控えください。
・入館時はマスク着用のうえ、受付にてアルコール消毒のご協力をお願いします。

※本院内集会は、JANICグローバル共生ファンドの助成により開催いたします。

当日は、研究者などとの質疑応答の時間も長く設け、できるだけ多くの情報をお伝えしたいと思っています。刑法性犯罪について引きつづき議論していくうえで、重要なエビデンスとなる内容も数多く含まれております。

被害当事者の声が生かされた刑法改正がなされるよう、あなたも参加してみませんか。

当日は、ひとりでも多くの方のご来場をお待ちしております。

 

 

 

最新情報一覧はコチラ

  • 【第五期】収支決算書・活動報告書を公開しました。

    2022/10/01

    いつもSpringの活動を応援いただきありがとうございます。 Springの第5期(2021年7月ー2022年6月)収支決算書・活動報告書を公開いたしました。 2021年度収支決算書 (PDF) 2021年度 Sprin…read more

  • 【ご報告とお礼】署名拡散&「#日本でも不同意性交等罪の実現を」Twitterデモを開催しました

    2022/09/28

    現在、法制審議会での議論において、「被害者に拒絶を示す義務がある」との誤解を招きかねない条文案となる可能性が生じています。 そこで、性暴力被害当事者の実態に即した条文となるよう、署名にご賛同いただいたみなさんにむけて、さ…read more

  • 【メディア掲載】「幼少期の性虐待 時効の壁」(産経新聞 9/13)

    2022/09/14

    Spring 代表 佐藤が取材を受けました。
    自身の被害をもとに、幼少期の被害の影響や立ち塞がる時効の壁、社会の無理解による二次加害について語っています。世間の一般的なイメージとは異なる被害の実態について、性犯罪とはどういう犯罪なのかはっきりと示し、それに即した法改正が必要だと記事は訴えます。

  • 【刑法改正市民プロジェクト】刑法改正案について考えるための動画を公開しました

    2022/09/05

    刑法改正市民プロジェクトは、性暴力被害の実態に即した刑法性犯罪規定の改正を目指す市民団体の集まりで、Springを含む12の団体があります。 日々、関連情報の共有や実態把握をしながら、刑法改正の実現にむけて力を合わせてい…read more