【ご報告】英国大使館の意見交換会に講師として出席しました

2021/04/24

昨年末に英国大使館様より、性被害当事者への配慮等について講師のご依頼があり、2021年3月5日の実施が決まり、Springロビイングチームより3名が受け持たせていただきました。

 

資料などを英語で作成しなければ!と緊張していたところ、「日本語で大丈夫ですよ」と言っていただいてとてもホッとしました。後で伺ったところ、前々日に送付した資料を大使館スタッフの方が全て英訳・配布し、事前に目を通してご準備くださったそうです。他にも、被害当事者の私たちが当日を快適に過ごせるように様々にお心遣いくださっていたことが本当に嬉しく、とても強く印象に残りました。さすが紳士の国ですね。

 

講師の3名は、それぞれ以下のようなテーマを持って準備しました。
「私の性被害に関する経験と二次被害について」
「日本に於ける性被害への対応の実態について」
「日本社会の中に未だ残る、性の通説を変えるための性教育を!」

 

その後の意見交換会では、被害者から相談があった場合の具体的な言葉掛けや対応についてなど、領事館スタッフの皆様それぞれからとても熱心な質問があり、その熱意に、私たちの方が勇気づけられたり心が癒される思いがしました。
「不快な言葉があったりしたら遠慮なく指摘してくれるように。自分たちの学びになることだから」と何度も念押しされましたが、そのようなことは全くありませんでしたし、日本のどこでもこのような対応であったら、どんなにか被害者が傷つけられず救われる思いがするだろうかと思わずにはいられませんでした。

このように「ヴィクティム・ファースト」を実践している英国大使館の皆様に、日本でも「ヴィクティム・ファースト」が当たり前になることが、刑法改正には欠かせないということを実感を持って学ばせていただいた1日でした。

 

英国大使館の皆様、ありがとうございました。

最新情報一覧はコチラ

  • 【第五期】収支決算書・活動報告書を公開しました。

    2022/10/01

    いつもSpringの活動を応援いただきありがとうございます。 Springの第5期(2021年7月ー2022年6月)収支決算書・活動報告書を公開いたしました。 2021年度収支決算書 (PDF) 2021年度 Sprin…read more

  • 【ご報告とお礼】署名拡散&「#日本でも不同意性交等罪の実現を」Twitterデモを開催しました

    2022/09/28

    現在、法制審議会での議論において、「被害者に拒絶を示す義務がある」との誤解を招きかねない条文案となる可能性が生じています。 そこで、性暴力被害当事者の実態に即した条文となるよう、署名にご賛同いただいたみなさんにむけて、さ…read more

  • 【メディア掲載】「幼少期の性虐待 時効の壁」(産経新聞 9/13)

    2022/09/14

    Spring 代表 佐藤が取材を受けました。
    自身の被害をもとに、幼少期の被害の影響や立ち塞がる時効の壁、社会の無理解による二次加害について語っています。世間の一般的なイメージとは異なる被害の実態について、性犯罪とはどういう犯罪なのかはっきりと示し、それに即した法改正が必要だと記事は訴えます。

  • 【刑法改正市民プロジェクト】刑法改正案について考えるための動画を公開しました

    2022/09/05

    刑法改正市民プロジェクトは、性暴力被害の実態に即した刑法性犯罪規定の改正を目指す市民団体の集まりで、Springを含む12の団体があります。 日々、関連情報の共有や実態把握をしながら、刑法改正の実現にむけて力を合わせてい…read more