【2021年12月ロビイング】のご報告

2022/01/18

Springは毎月ロビイングを行い、2017年に改正されてもなお残る刑法性犯罪の問題点と、どのような社会になれば性暴力をなくせるのかについて、性被害当事者の視点を踏まえ具体的な政策提言をします。

さまざまな政党の国会議員や関係省庁の皆さまへ面談をし、国会で議論がなされるよう働きかけることで、政策決定の場に当事者の声を届けています。

2021年9月16日には、上川法務大臣が法制審議会に刑法性犯罪の再改正について諮問し、2022年1月16日に第四回が開催されました。各回の議事録や資料は法務省HPに随時掲載されますので、ぜひご覧ください。

<関連リンク>

法務省:性犯罪に関する刑事法検討会(各回の議事録等が見られます)

Spring:性犯罪に関する刑事法検討会の取りまとめ報告を受けての要望

法務省:法制審議会-刑事法(性犯罪関係)部会(各回の議事録等が見られます)

< ご面談した国会議員のみなさま(日付/名前順)>

◆12/10(金)

◆12/21(火)

◆12/27(月)

(写真を頂戴するお時間がなかったため、国会議事堂を…)

皆様、刑法改正について熱心に考えてくださっていて、大変励まされました。 法制審議会は第二回でヒアリングを終え、第三回より各論点の議論が始まっています。引き続き、ヴィクティム・ファーストの視点での刑法改正にむけて、一緒にあゆみを進めていければと思います。

議員のみなさま、貴重なお時間をいただきありがとうございました。

昨年は、法務省での刑事法検討会が無事終了したことから始まり、国会議員の皆様へのロビイングや内閣府への要望などを継続して参りました。 秋の衆議院選挙では各党の公約において性暴力や刑法改正に関する内容も盛り込まれ、議員の皆様にも市民の皆様にも、改めてこの問題について考えていただく機会となりました。 その後始まった法制審議会には、検討会に引き続き山本潤が被害当事者として委員に選ばれ、被害者の声が議論に反映されています。

私たちがこのように活動を続けられるのも、日頃からさまざまなかたちでご支援、励ましをいただいている市民の皆さまをはじめ、国会議員、関係省庁の方々、報道関係者の皆さまによって支えられているからこそです。昨年も大変お世話になりました。心より感謝申し上げます。

被害者の声で社会を変える時、被害者の声を聞き、ともに社会を変えていく皆さまのお力が不可欠です。 2022年も、どうぞよろしくお願いいたします。

最新情報一覧はコチラ

  • 【第五期】収支決算書・活動報告書を公開しました。

    2022/10/01

    いつもSpringの活動を応援いただきありがとうございます。 Springの第5期(2021年7月ー2022年6月)収支決算書・活動報告書を公開いたしました。 2021年度収支決算書 (PDF) 2021年度 Sprin…read more

  • 【ご報告とお礼】署名拡散&「#日本でも不同意性交等罪の実現を」Twitterデモを開催しました

    2022/09/28

    現在、法制審議会での議論において、「被害者に拒絶を示す義務がある」との誤解を招きかねない条文案となる可能性が生じています。 そこで、性暴力被害当事者の実態に即した条文となるよう、署名にご賛同いただいたみなさんにむけて、さ…read more

  • 【メディア掲載】「幼少期の性虐待 時効の壁」(産経新聞 9/13)

    2022/09/14

    Spring 代表 佐藤が取材を受けました。
    自身の被害をもとに、幼少期の被害の影響や立ち塞がる時効の壁、社会の無理解による二次加害について語っています。世間の一般的なイメージとは異なる被害の実態について、性犯罪とはどういう犯罪なのかはっきりと示し、それに即した法改正が必要だと記事は訴えます。

  • 【刑法改正市民プロジェクト】刑法改正案について考えるための動画を公開しました

    2022/09/05

    刑法改正市民プロジェクトは、性暴力被害の実態に即した刑法性犯罪規定の改正を目指す市民団体の集まりで、Springを含む12の団体があります。 日々、関連情報の共有や実態把握をしながら、刑法改正の実現にむけて力を合わせてい…read more