【6月ロビイング】のご報告

2022/08/16

6月は、8名の議員の皆様とお話しすることができました。

法制審議会では条文のたたき台も提出され、どんな言葉で性犯罪が規定されるのか、議論されています。

なかでも私たちは、暴行脅迫要件と心神喪失・抗拒不能要件を見直し、不同意の性交を性犯罪として規定するよう強く求めています。

たたき台はこちらからご覧いただけます。
たたき台をうけてSpringが提出した要望書はこちらからご覧いただけます。

 

たたき台A-2案の懸念点の一つは、複雑な表現で国民に性暴力とは何かが伝わらないのではないかということです。

刑法が変わることで、これまで抜け落ちてしまっている性暴力をすくいあげることはもちろん切実な願いですが、
加えて、刑法に<性暴力とはなにか>を明記することで、それが性暴力であり、人権の侵害であり、してはいけないことであると、国民が広く認識し、社会通念や常識となってほしいのです。

刑法が変わり、性暴力が正しく裁かれ、人々の意識が変わり、性暴力がなくなっていく...私たちは性暴力のない社会を切望しています。

その<性暴力とはなにか>を説明する文言は、「拒絶」よりも「同意」の方が、本質的であり、わかりやすいのではないかと思うのです。

 

今後も性暴力の実態と刑法の課題点についてお伝えする機会を頂戴できれば幸いです。

議員の皆様、貴重なお時間を頂きまして誠にありがとうございました。

 

< ご面談した国会議員のみなさま (日付/名前順) >

◆6月7日

 

 

 

 

◆6月14日

 

 

 

 

Springは毎月ロビイングを行い、2017年に改正されてもなお残る刑法性犯罪の問題点と、どのような社会になれば性暴力をなくせるのかについて、性被害当事者の視点を踏まえ具体的な政策提言をします。

さまざまな政党の国会議員や関係省庁の皆さまへ面談をし、国会で議論がなされるよう働きかけることで、政策決定の場に当事者の声を届けています。

2021年9月16日には、上川法務大臣が法制審議会に刑法性犯罪の再改正について諮問し、8月5日には第九回が開催されました。
八回目までの議事録が法務省HPに掲載されていますので、ぜひご覧ください。

 

<関連リンク>

法務省:性犯罪に関する刑事法検討会(各回の議事録等が見られます)
Spring:法制審議会の重要局面に際しての要望
法務省:法制審議会-刑事法(性犯罪関係)部会(各回の議事録等が見られます)

最新情報一覧はコチラ

  • 【イベント参加】シンポジウム『生成AIの子どもの権利への脅威』に出席しました

    2024/05/17

    4月9日、国連大学にて行われた、認定NPO法人チャイルド・ファンド・ジャパン主催のシンポジウム「『生成AIの子どもの権利への脅威』~ 子どもへのオンライン性搾取をなくす〜 」に出席し、関係者の皆さまと意見交換を行いました…read more

  • 【参考人招致とメディア掲載】日本版DBS法案の審議で参考人として意見陳述しました

    2024/05/17

    5月9日から地域・こども・デジタル特別委員会にて、いわゆる「日本版DBS法案」に関する審議が衆議院で始まっています。日本版DBS法案に関するSpringの取り組みはこちら 5月16日には、Spring理事の寺町東子(弁護…read more

  • 【ご報告とメディア掲載】いわゆる「日本版DBS法案」に関する、三者合同要望書提出および記者会見をしました

    2024/05/14

    5月2日(木)、子ども家庭庁に日本版DBS法案に関する要望書を三者合同で提出し、その後記者会見を行いました。  3月19日に国会に提出された、学校設置者等及び民間教育保育等事業者による児童対象性暴力等の防止等のための措置…read more

  • 【ロビイング】2024年3月のご報告

    2024/05/04

    1月末から第213回通常国会が始まり、Springも国会議員の皆さまとのご面談を再開しました! 昨年末までのロビイングでは、昨年6月の刑法性犯罪改正の御礼をお伝えし、喜びを共有するご面談が続きましたが、Springの活動…read more