【ご報告】警察大学校で、性犯罪捜査に関する講義をしてきました

2023/12/23

警察庁からご依頼を受け、2023年12月11日に警察大学校にて、警察大学校性犯罪専科の方々に「性暴力被害者から見た性犯罪捜査」を講義いたしました。

2018年に初めて講義させていただいてから毎年ご依頼を頂き、今年で6回目となりました。性被害当事者の声を聞くことを続けていただいていること、大変嬉しく思います。

今回も、Springを代表して2名が講師をさせていただきました。

各道府県警察において、現に性犯罪捜査に従事し、又は従事する予定の警部又は警部補の階級にある47名が対象でした。

講義の目的は、

①性暴力被害の実態(被害を訴えることの心理的ハードルの高さや、被害後にも長く続く心身への影響など)を理解し、どうしたら被害者が救われる社会になるのか一緒に考えてほしい。

②改正刑法の下で相談件数が増加しているなか、捜査関係者によって二次被害が起こり、それ以上相談ができなくなってしまうという事態をゼロにしてほしい。

③被害を訴えた際に、初めにどの警察官に当たるかで被害者の運命が左右されることのないよう、現場の警察官の皆さんへ本日学んだことを伝え、周知してほしい。

講義の内容は

  • アンケート調査から見えた性暴力被害の実態と改正刑法
  • 性犯罪捜査における性暴力被害者の二次被害防止に向けた留意点

などでした。

7/13施行の刑法性犯罪規定の改正を受け、暴行脅迫要件だけでなく、なぜ8類型となったのか、被害者がなぜ性暴力によりフリーズや解離をするのか、ポリヴェーガル理論などの知見を踏まえ、詳しく説明をしました。

聴取や捜査の上で課題となる、被害者のフリーズ反応や迎合反応などを理論的に説明させていただいたことで、当事者の実態を深く理解した捜査が行われるよう、今後の展開に期待したいです。

講義後、受講された警察官の皆様の大多数が参考になったとのご報告をいただきました。

今後の捜査のお役に立てたら幸いです。

最新情報一覧はコチラ

  • 【イベント開催】3/16 「未来の性教育・性的同意のあり方を考える〜刑法性犯罪規定の改正でなにが変わったの?〜」

    2024/02/15

    イベント開催のご案内(3/16、於上智大学四谷キャンパス) 「未来の性教育・性的同意のあり方を考える~刑法性犯罪規定の改正でなにが変わったの?~」   パートナーと手をつなぐ、ハグする、キスする、セックスする。性的行為の…read more

  • 私たちが国際的な活動をしている理由2〜人権とUPR〜

    2024/02/07

    私たちはSpring設立当初から、性暴力被害や被害者支援に対して先進的な取り組みを行なっているイギリス、スウェーデンなどの考え方を学び、国際的な視点も視野に入れた活動を行なってきました。 昨年の今頃に公開した 私たちが国…read more

  • 【Protect Children 16か国語 実態調査アンケート】ご協力のお願い

    2024/01/23

    一般社団法人Springは、フィンランドに拠点を置き、世界中で子どもに対するあらゆる形態の性的暴力を終わらせることを目指している非政府の児童権利団体、Protect Childrenからのご依頼を受け、世界規模16か国語…read more

  • 【情報交換】フィンランドのProtect Childrenと情報交換会を行いました

    2024/01/22

    1月10日、フィンランドのアドボカシー団体であるProtect Childrenさんと、性犯罪の公訴時効の撤廃に向けて情報交換会を行いました。これは、Child Fund Japanさんが橋渡しをしてくださって実現したも…read more