【 Spring スタッフ出演 】性被害当事者による創作劇「パサレラ」オンライン公演のお知らせ

2020/11/23

いつも Spring の活動を応援いただきありがとうございます。

Springでは2017年の設立以後「自らの経験を社会資源にしたい」という想いから、
多くのスタッフが自身の性被害を語る ”セルフナラティブ” に取り組んできました。

【参考記事】自分物語を話すための練習 ~セルフナラティブコース~
https://ameblo.jp/spring-voice-org/entry-12334682973.html


ヒアリングや取材対応の中でセルフナラティブを繰り返し、揺り戻しなどの症状と向き合いながら、これまでの活動を続けてきたSpringスタッフ。
中にはセルフナラティブという方法に止まらず、演劇や歌・ダンスなどで表現することに関心を持つスタッフもいます。

今回、お知らせする「パサレラ」では、主催団体 ”DAYA” の掲げる「性被害の問題を表現として昇華することで、社会の性暴力への認識を変えることを目指す」という趣旨に共感した4名のSpringスタッフが制作に協力しています。

性被害当事者による「モノローグ*」が性暴力の真実を伝え、
その語りを受け止める共感の輪は、共に生きられる社会へと繋がります
日本初のパサレラ・オンライン公演にぜひお申込みください。

*モノローグ:演劇などで登場人物が相手との会話なしに心情や考えを述べるセリフのこと

 

ーーー 概 要 ーーー

・公演名「パサレラ ~小夜鳴き鳥の声がする」
・公演日時: 2020 年

【夜公演】 12/18(金)19:00~20:15
(申込締め切り:当日18時 / 交流会 20:20~21:00)

【昼公演】 12/19(土)14:00~15:15
(申込締め切り:当日13時 / 交流会 15:20~16:00)

 ※開場:各開始時間の 15 分前。
 ※アフターワークショップ (交流会)
各公演終了後に、公演関係者と視聴者が交流するアフターワークショップを開催。ぜひ、ご参加ください。 

・チケット: 2000 円(税込み)
 購入サイト  https://daya.peatix.com/
 ※公演の鑑賞及びアフターワークショップへの参加チケットとなります。 

・会場: インターネット会議ツール ZOOM(オンライン上演)
 ※チケット購入者に鑑賞の URLをお送りいたします。
 ※ZOOM アプリをお持ちでない方は事前にダウンロードをお願いいたします。

 

出演者:
竹森茂子(Spring)/花崎攝/仮屋浩子
伊藤千紘(Spring)/權田菜美/佐光正子/志万田さをり(Spring)/橘たか/矢嶋直美
市川徹/すずきこーた/西川正/のぞむ 他

スタッフ:
演出:竹森茂子/花崎攝/仮屋浩子
振付:權田菜美
音楽:志万田さをり
広報:NANA
広報デザイン:藤本敏英
写真:矢郷桃
映像・配信・ウェブ作成:森隆志(Spring)
照明:成沢富雄
制作:橘たか/矢嶋直美/權田菜美
プロデュース:竹森茂子

広報協力:一般社団法人Spring
協賛:合同会社橘


【 詳細・お問い合わせ 】
https://www.daya.co.jp/


【 各種SNS (ぜひフォローしてください!)】
・twitter : @pazharela ( https://twitter.com/pazharela )
・facebook :  @paz.hare.la ( https://www.facebook.com/paz.hare.la )
・Instagram :  paz.hare.la ( https://www.instagram.com/paz.hare.la/?hl=ja )

 

最新情報一覧はコチラ

  • 【第五期】収支決算書・活動報告書を公開しました。

    2022/10/01

    いつもSpringの活動を応援いただきありがとうございます。 Springの第5期(2021年7月ー2022年6月)収支決算書・活動報告書を公開いたしました。 2021年度収支決算書 (PDF) 2021年度 Sprin…read more

  • 【ご報告とお礼】署名拡散&「#日本でも不同意性交等罪の実現を」Twitterデモを開催しました

    2022/09/28

    現在、法制審議会での議論において、「被害者に拒絶を示す義務がある」との誤解を招きかねない条文案となる可能性が生じています。 そこで、性暴力被害当事者の実態に即した条文となるよう、署名にご賛同いただいたみなさんにむけて、さ…read more

  • 【メディア掲載】「幼少期の性虐待 時効の壁」(産経新聞 9/13)

    2022/09/14

    Spring 代表 佐藤が取材を受けました。
    自身の被害をもとに、幼少期の被害の影響や立ち塞がる時効の壁、社会の無理解による二次加害について語っています。世間の一般的なイメージとは異なる被害の実態について、性犯罪とはどういう犯罪なのかはっきりと示し、それに即した法改正が必要だと記事は訴えます。

  • 【刑法改正市民プロジェクト】刑法改正案について考えるための動画を公開しました

    2022/09/05

    刑法改正市民プロジェクトは、性暴力被害の実態に即した刑法性犯罪規定の改正を目指す市民団体の集まりで、Springを含む12の団体があります。 日々、関連情報の共有や実態把握をしながら、刑法改正の実現にむけて力を合わせてい…read more