【ご報告】森法務大臣へ要望書 及び オンライン署名「94,231通」を提出しました

2020/03/21

3月17日火曜日、法務省にて、森まさこ法務大臣への要望書・署名提出 及び ご面談が実現しました。終了後は、記者会見を開きました。この日を無事に迎え、皆さまの声を法務大臣へ直接届けることができ、大変うれしく思います。

森まさこ法務大臣 / ワンツー議連 宮路拓馬衆議院議員 / 市民プロジェクトメンバーら・Springからは4名参加(写真提供:Change.org)

みんなの想いを、お花にこめて(写真提供:Change.org)

このたび、12団体からなる刑法改正市民プロジェクトより、要望書を提出しました。
▼「性犯罪に関する刑法の改正を求める要望書」

内容の概要は、下記の通りです。

・法制審議会「刑事法(性犯罪関係)部会」、もしくはその前段となる検討会の設置
・審議における委員に、性暴力被害当事者、ならびに性暴力被害の現場で支援に携わる者を、複数名入れること
・前回積み残された課題及び、実態を踏まえ新たに検討を求める事項の要望

 

また、要望書と合わせて、昨年4月に立ち上がったSpringら3団体で実施中のオンライン署名94,231通を、寄せられたコメント約3,000件と共に届けてまいりました。

2019年6月の前回提出時から、倍以上となる94,000通を超える賛同が集まりました。

▼「法務大臣へ、性犯罪における刑法改正を求めます」

熱心に耳を傾けてくださり、参加者一同エンパワメントされました(写真提供:Change.org)

提出後、約20分ほどご面談をさせていただき、森大臣からは
「声を上げられない人もいるので、9万通以上の重みを感じている」
「スピード感をもって、3月中にできるだけ進めていきたい」
という力強いお言葉をいただきました。皆さまのおかげでまた少し前進することができました。

 

その後、司法記者クラブにて記者会見を開き、今回提出した要望書についての詳しい説明などをいたしました。

左から:(一社)Voice Up Japan / NPO法人ヒューマンライツ・ナウ / (一社)Spring / 市民プロジェクトより NPO法人スクールセクシャルハラスメント防止関東ネットワーク・NPO法人ぱっぷす (写真提供:Change.org)

当団体代表理事・山本潤からは、
「ワンツー議連(自民党「性暴力のない社会の実現を目指す議員連盟」)から、一気に話が進んだ」
「3月12日に名古屋高裁にて逆転有罪判決が出た流れと、無関係ではないと思っている」
など、今回の提出により、法改正への動きがさらに進むことを期待する旨をお伝えしました。

昨年4月から始まったフラワーデモをはじめ、相次いで出た無罪判決や逆転有罪判決。世論の注目が高まっているこのタイミングで、法務大臣へ直接 要望書・署名を提出できたことは、非常に意味があると考えます。

市民の声を政治の場に届けるには「おかしい」と声をあげる、ひとりひとりの声がとても重要です。

Springでは、市民の声を集める「OneVoiceキャンペーン」も実施中です!

また、「Spring全国キャンペーン」をスタートして、この3月で2周年を迎えることができました。全国に少しずつ、活動の輪が広がっていることを実感しています。

「ひとりひとりの声はか細くても
 それを集めたらきっと
 社会を変えるほどの
 大きな『声』になる」

実態にあった法改正が実現するよう、引きつづきご支援・応援をよろしくお願いします。

 

<本件に関する記事一覧>2020年3月20日現在
「性犯罪刑法、更なる改正に向けて要望書 森大臣「3月中にできるだけ進行させていきたい」」:ライター 小川たまか
▼「抗拒不能」要件撤廃を 性犯罪の刑法改正、法相に要望:産経新聞
▼「性犯罪の刑法改正を」市民団体が要望書 森法務大臣「国民の関心は高まっている」:弁護士ドットコム
▼「刑法改正議論に性犯罪被害者の声を」市民団体ら 森法相に要望書提出:毎日新聞
▼性犯罪の刑法改正への取り組みを法相に要望 市民団体:NHK NEWS WEB
▼94,000の刑法改正を求める署名を法務大臣へ提出:Change.org japan

最新情報一覧はコチラ

  • 【第五期】収支決算書・活動報告書を公開しました。

    2022/10/01

    いつもSpringの活動を応援いただきありがとうございます。 Springの第5期(2021年7月ー2022年6月)収支決算書・活動報告書を公開いたしました。 2021年度収支決算書 (PDF) 2021年度 Sprin…read more

  • 【ご報告とお礼】署名拡散&「#日本でも不同意性交等罪の実現を」Twitterデモを開催しました

    2022/09/28

    現在、法制審議会での議論において、「被害者に拒絶を示す義務がある」との誤解を招きかねない条文案となる可能性が生じています。 そこで、性暴力被害当事者の実態に即した条文となるよう、署名にご賛同いただいたみなさんにむけて、さ…read more

  • 【メディア掲載】「幼少期の性虐待 時効の壁」(産経新聞 9/13)

    2022/09/14

    Spring 代表 佐藤が取材を受けました。
    自身の被害をもとに、幼少期の被害の影響や立ち塞がる時効の壁、社会の無理解による二次加害について語っています。世間の一般的なイメージとは異なる被害の実態について、性犯罪とはどういう犯罪なのかはっきりと示し、それに即した法改正が必要だと記事は訴えます。

  • 【刑法改正市民プロジェクト】刑法改正案について考えるための動画を公開しました

    2022/09/05

    刑法改正市民プロジェクトは、性暴力被害の実態に即した刑法性犯罪規定の改正を目指す市民団体の集まりで、Springを含む12の団体があります。 日々、関連情報の共有や実態把握をしながら、刑法改正の実現にむけて力を合わせてい…read more