【要望書公開】12/19 森雅子法務大臣に要望書を提出しました

2019/12/20

いつもSpringを応援して下さりありがとうございます!

2019年12月19日、法務省にて「性被害の実態に即した刑法性犯罪の更なる見直し」に向けた要望書を、森雅子法務大臣に提出いたしました。

法務省にて。左:森雅子法務大臣、右:野田聖子衆議院議員、中央:Springスタッフ

 

提出した要望書(全3ページ)はこちらからご覧下さい。

 

この度の要望書提出に至るまで、野田聖子衆議院議員が森法務大臣につないで下さいました。

野田聖子議員はじめ、性暴力被害の問題に熱心に取り組まれている沢山の議員の皆さま、そして日頃からさまざまな形でSpringをご支援下さっている沢山の市民の皆さまに心より御礼申し上げます。

左:森雅子法務大臣、右:山本潤(Spring代表理事)

 

Springでは今回提出した要望書作成に今夏から取り組んできました。

実際に起こっている性暴力の実態が、適切な形で刑法に反映されるようになるには何が課題で、具体的にどんなことが必要なのかー。

作成に関わったスタッフは全員が性暴力被害当事者です。

被害の後遺症を抱えながらも、スタッフ間でマラソンのタスキを繋ぐようにして完成させることができました。

 

時々、「どうして、被害当事者がここまで頑張るの?」というような言葉をかけられることがあります。

それは何よりも私たち当事者が「絶対に今の刑法を変えたい」と強く望んでいるからー。

そして、私たちのその想いに賛同し、応援してくれる市民、議員、メディア関係者の方々に支えられているからー。

いくら刑法改正の想いが強くても、皆さまのご支援なしにこの活動を続けることは困難です。

 

いつも私たちを励まし、また応援して下さり、本当にありがとうございます。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

最新情報一覧はコチラ

  • 【イベント開催】3/16 「未来の性教育・性的同意のあり方を考える〜刑法性犯罪規定の改正でなにが変わったの?〜」

    2024/02/15

    イベント開催のご案内(3/16、於上智大学四谷キャンパス) 「未来の性教育・性的同意のあり方を考える~刑法性犯罪規定の改正でなにが変わったの?~」   パートナーと手をつなぐ、ハグする、キスする、セックスする。性的行為の…read more

  • 私たちが国際的な活動をしている理由2〜人権とUPR〜

    2024/02/07

    私たちはSpring設立当初から、性暴力被害や被害者支援に対して先進的な取り組みを行なっているイギリス、スウェーデンなどの考え方を学び、国際的な視点も視野に入れた活動を行なってきました。 昨年の今頃に公開した 私たちが国…read more

  • 【Protect Children 16か国語 実態調査アンケート】ご協力のお願い

    2024/01/23

    一般社団法人Springは、フィンランドに拠点を置き、世界中で子どもに対するあらゆる形態の性的暴力を終わらせることを目指している非政府の児童権利団体、Protect Childrenからのご依頼を受け、世界規模16か国語…read more

  • 【情報交換】フィンランドのProtect Childrenと情報交換会を行いました

    2024/01/22

    1月10日、フィンランドのアドボカシー団体であるProtect Childrenさんと、性犯罪の公訴時効の撤廃に向けて情報交換会を行いました。これは、Child Fund Japanさんが橋渡しをしてくださって実現したも…read more