【2019年12月ロビイング】のご報告

2020/01/17

2017年7月のSpring設立以降、私たちは月に2〜3回程、ロビイングを行なっています。
政党を超えて様々な国会議員の皆さまとご面談し、2017年に大幅改正されてもなお、被害者にとって積み残された課題が多い刑法性犯罪の問題点をご面談を通してお伝えするとともに、国会で議論がなされるよう、働きかけを行っています。

 

ロビイングとは?

市民の声を政治の場に届け、政策決定に影響を与える活動です。

対象は議員(国会/地方)、関係省庁、官僚、法案決定に関わる人全てです。

Springは性暴力の実態に即した法律になることを目指して「命を支えるルールづくり」をしています。

 

< ご面談した国会議員の皆さま(日付 / 五十音順)

◆12/3(火)

あべ俊子 衆議院議員

 

 

 

津村啓介 衆議院議員

 

 

 

日吉雄太 衆議院議員

 

 

< 森雅子 法務大臣に要望書を提出 

 

2019年12月19日、法務省にて「性被害の実態に即した刑法性犯罪の更なる見直し」に向けた要望書を、森雅子法務大臣に提出いたしました。

当日の模様や、私たちが提出した要望書はこちらからご覧いただくことができます!

 

要望書作成は昨夏からスタッフ一丸となって取り組んでいました。

2019年は、被害当事者ら一人ひとりの声を、何とか年内のうちに法務省に届けたい!という、また一つ大きな目標を達成することが出来ました。

日頃から多くの市民の皆さま、沢山の議員の皆さまと共に「被害実態に即した刑法改正」に向けて歩みを進めていること、改めて感謝いたします。

 

2020年の見直しに向けた具体的な活動について
様々なことが動き出し、昨年よりさらに形となってきています。
2017年6月16日に可決・成立し、同年7月13日から施行されている、
刑法性犯罪改正法。

きちんと現場で運用され、1人でも多くの被害者が救われる社会になるには
具体的にどのようにすれば良いのか?
率直なご意見を頂くと共に、日頃よりご尽力頂いております。
引き続き共に歩み、一緒に社会を変えていって
頂ければと思います!

 

議員の皆さま、法務省の皆さま、報道関係者の皆さま、昨年は本当にありがとうございました。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

最新情報一覧はコチラ

  • 【イベント参加】シンポジウム『生成AIの子どもの権利への脅威』に出席しました

    2024/05/17

    4月9日、国連大学にて行われた、認定NPO法人チャイルド・ファンド・ジャパン主催のシンポジウム「『生成AIの子どもの権利への脅威』~ 子どもへのオンライン性搾取をなくす〜 」に出席し、関係者の皆さまと意見交換を行いました…read more

  • 【参考人招致とメディア掲載】日本版DBS法案の審議で参考人として意見陳述しました

    2024/05/17

    5月9日から地域・こども・デジタル特別委員会にて、いわゆる「日本版DBS法案」に関する審議が衆議院で始まっています。日本版DBS法案に関するSpringの取り組みはこちら 5月16日には、Spring理事の寺町東子(弁護…read more

  • 【ご報告とメディア掲載】いわゆる「日本版DBS法案」に関する、三者合同要望書提出および記者会見をしました

    2024/05/14

    5月2日(木)、子ども家庭庁に日本版DBS法案に関する要望書を三者合同で提出し、その後記者会見を行いました。  3月19日に国会に提出された、学校設置者等及び民間教育保育等事業者による児童対象性暴力等の防止等のための措置…read more

  • 【ロビイング】2024年3月のご報告

    2024/05/04

    1月末から第213回通常国会が始まり、Springも国会議員の皆さまとのご面談を再開しました! 昨年末までのロビイングでは、昨年6月の刑法性犯罪改正の御礼をお伝えし、喜びを共有するご面談が続きましたが、Springの活動…read more