【5/11〜31】「#おうちでOneVoiceキャンペーン」開催します!

2020/05/11

5/11(月)〜31(土)
「#おうちでOneVoiceキャンペーン」
開催のお知らせ

おうちでOneVoiceキャンペーン

 

新型コロナ感染拡大を防ぐための緊急事態宣言が5月末まで延長されることになりました。

いま日本で、この新たな脅威の影響を受けていない人はほとんどいないと思われます。健康の不安、経済の不安……生活の様式も今後大きく変わっていくでしょう。外出が自粛され不安とストレスが募るばかりという状況下で、家庭内暴力の深刻化を懸念する声も各方面から上がっています。現在、危険な状況にいる人たちが適切な人、機関につながりますように。

一日も早い収束を願います。

*     *     *

私たちSpringは、刑法性犯罪改正を目指し2017年7月から歩んできました。今年3月末には、法務省内で性犯罪刑法のさらなる改正に向けて新たな検討会が設置され、そのメンバーのひとりに、当団体代表理事・山本潤が選ばれたという、うれしいニュースをお伝えしました。

「私たちのことを私たち抜きで決めないでください」ーーと訴えつづけて3年間。ようやくスタートラインに立てたと感じています。

しかし報道ではどうしても新型コロナ関連のニュースが優先され、メディアで刑法改正の議論を目にする機会が減りました。Springでは、そんなときこそ声を途切れさせたくない。こうしてより弱い存在に暴力が向きやすい今こそ、刑法を改正し、性暴力を許さない社会を作るため前進したい。そう考えました。

これまで「OneVoiceキャンペーン」として、みなさんの声をいただいてきました。そこで……

5/11(月)〜31(土)の期間、
「#おうちでOneVoiceキャンペーン」と題し、
SNSを中心にオンライン上で声を募ります!

#StayHome ないま、リアルなイベントを開催することはむずかしくなりました。しかし、自宅から、身近な場所から、声をあげることはできます。みなさんの声、Springに寄せてください。

▼OneVoiceの概要はこちらから → 「OneVoiceキャンペーン

【キャンペーン概要】
①OneVoiceシートに、刑法や性暴力についての想いを社会へのメッセージとして記入する。
シートは、こちらからプリントアウト→ OneVoiceシート

おうちでOneVoiceキャンペーン
※プリントアウトできない方は、上記のシートを見本にA4シートにご自身で「OneVoiceキャンペーン」とご記入ください。

②写真を撮る
※顔は写っていても、写っていなくても、スタンプなどで顔を隠しても、すべて可です。
※人物は写さず、メッセージを記入したシートのみの写真も歓迎です!

③-1 2の写真を、ご自身のTwitter、またはInstagramアカウントに投稿する
そのときに「#おうちでOneVoice」「#刑法改正」のハッシュタグをお忘れなく。
③-2 または、下記のフォームから送信する
https://formok.com/f/umkpfgcr

※送っていただいたお写真は、下記のロビイング・広報で使用させていただきます。
・ロビイングで議員や法務省に届ける
・HPやTwitter、Instagramに掲載する(SNS掲載OKの場合のみ)
・イベントのPR

【受付期間】
2020年5月11日(月)〜31日(土)

【キャンペーンについてのお問い合わせ】
onevoice@spring-voice.org

これまで「OneVoice、書いたことあるよ!」という方も、「一度投稿したけど、もっとたくさんのメッセージを発信したい」という方も、何度投稿していただいても構いません。

この先、予定されている法務省内の検討会に、みなさんの声を届けます。たくさんのご応募をお待ちしています!

最新情報一覧はコチラ

  • 【第五期】収支決算書・活動報告書を公開しました。

    2022/10/01

    いつもSpringの活動を応援いただきありがとうございます。 Springの第5期(2021年7月ー2022年6月)収支決算書・活動報告書を公開いたしました。 2021年度収支決算書 (PDF) 2021年度 Sprin…read more

  • 【ご報告とお礼】署名拡散&「#日本でも不同意性交等罪の実現を」Twitterデモを開催しました

    2022/09/28

    現在、法制審議会での議論において、「被害者に拒絶を示す義務がある」との誤解を招きかねない条文案となる可能性が生じています。 そこで、性暴力被害当事者の実態に即した条文となるよう、署名にご賛同いただいたみなさんにむけて、さ…read more

  • 【メディア掲載】「幼少期の性虐待 時効の壁」(産経新聞 9/13)

    2022/09/14

    Spring 代表 佐藤が取材を受けました。
    自身の被害をもとに、幼少期の被害の影響や立ち塞がる時効の壁、社会の無理解による二次加害について語っています。世間の一般的なイメージとは異なる被害の実態について、性犯罪とはどういう犯罪なのかはっきりと示し、それに即した法改正が必要だと記事は訴えます。

  • 【刑法改正市民プロジェクト】刑法改正案について考えるための動画を公開しました

    2022/09/05

    刑法改正市民プロジェクトは、性暴力被害の実態に即した刑法性犯罪規定の改正を目指す市民団体の集まりで、Springを含む12の団体があります。 日々、関連情報の共有や実態把握をしながら、刑法改正の実現にむけて力を合わせてい…read more