【ご報告】警察大学校で、性犯罪捜査に関する講義をしてきました

2023/03/06

警察庁からご依頼を受け、2022年12月7日に警察大学校にて、警察大学校性犯罪専科の方々に「被害者から見た性犯罪捜査」を講義いたしました。

2018年に初めて講義させていただいてから毎年ご依頼を頂き、今年で5回目となりました。性被害当事者の声を聞くことを続けていただいていること、大変嬉しく思います。

今回も、Springロビイングチームを代表して2名が講師をさせていただきました。

各道府県警察において、現に性犯罪捜査に従事し、又は従事する予定の警部又は警部補の階級にある47名が対象でした。

以下、講義を担当したスタッフのレポートです。

 

*   *   *   *   *   *   *   *  



今回で警察大学校講義を2回担当させていただきました。

諸事情で前年の講義を直前に外れたため、準備としては3度目でした。

子どもの時に被害に遭い、その日のうちに警察へ届け出に行った時の前後で被害後の心身にどのような変化があったのか。また、その後の人生にどのような影響を及ぼし続けているのか。

40年以上も鮮明に残っている記憶に触れながら、自己分析した結果をお話ししました。

 

「子どもだから、すぐに忘れるよ」と子どもの性被害をとても軽く扱う大人からの二次被害は、

社会への信頼という土台を育んでいる最中の子どもに決定的な不信感と絶望、自己否定感を植え付けてしまう。その事実を、現場で関わる警察官の方々に自分の言葉でお伝えしたい。

三度目の正直で叶えさせていただきました。

また、警察への批判が多いことは、信頼と期待の裏返しであることをお伝えしました。

 

もう一人の講師を務めたメンバーは、実態調査アンケートの分析結果報告や

二次被害の防止に繋がる知識と被害当事者の声、二次被害を起こさないよう専門に被害者に寄り添うISVAという英国の被害者支援の取り組みについてご紹介しました。

 

講義後、受講された警察官の皆様の大多数が参考になったとのご報告をいただきました。

今後の捜査のお役に立てましたら幸いです。




*   *   *   *   *   *   *   *   

 

警察庁の皆さま、そして受講してくださった警察官のみなさま、本当にありがとうございました。

 

 

<関連記事>

Spring 2019年 警察大学校講義報告
Spring 2020年 警察大学校講義報告
Spring 2021年 警察大学校講義報告

 

最新情報一覧はコチラ

  • 【イベント開催】3/16 「未来の性教育・性的同意のあり方を考える〜刑法性犯罪規定の改正でなにが変わったの?〜」

    2024/02/15

    イベント開催のご案内(3/16、於上智大学四谷キャンパス) 「未来の性教育・性的同意のあり方を考える~刑法性犯罪規定の改正でなにが変わったの?~」   パートナーと手をつなぐ、ハグする、キスする、セックスする。性的行為の…read more

  • 私たちが国際的な活動をしている理由2〜人権とUPR〜

    2024/02/07

    私たちはSpring設立当初から、性暴力被害や被害者支援に対して先進的な取り組みを行なっているイギリス、スウェーデンなどの考え方を学び、国際的な視点も視野に入れた活動を行なってきました。 昨年の今頃に公開した 私たちが国…read more

  • 【Protect Children 16か国語 実態調査アンケート】ご協力のお願い

    2024/01/23

    一般社団法人Springは、フィンランドに拠点を置き、世界中で子どもに対するあらゆる形態の性的暴力を終わらせることを目指している非政府の児童権利団体、Protect Childrenからのご依頼を受け、世界規模16か国語…read more

  • 【情報交換】フィンランドのProtect Childrenと情報交換会を行いました

    2024/01/22

    1月10日、フィンランドのアドボカシー団体であるProtect Childrenさんと、性犯罪の公訴時効の撤廃に向けて情報交換会を行いました。これは、Child Fund Japanさんが橋渡しをしてくださって実現したも…read more